申し込み前に把握しておきたい3社間ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングの契約種別は2社間と3社間の2種類です。

今回解説するのは、3社間ファクタリングです。

ファクタリングをあまりした経験がない方は、3社間ファクタリングのメリット・デメリットを知りたいのではないでしょうか。

そこで、3社間ファクタリングがどんなファクタリングなのかを簡単に解説します。

メリット・デメリットをしっかりと把握し、2社間にするか3社間にするかを選びましょう。

最適な契約種別を選択することが大切です。

3社間ファクタリングのメリットとは

3社間ファクタリングは売掛先も含めて契約するため、手数料が安いのがメリットです。

手数料が安くなる理由は、3社間だとファクタリング会社の売掛債権未回収リスクが低くなるからです。

ファクタリングを利用する時は、手数料がいくらになるのか気になるのではないでしょうか。

もしも徹底して手数料を安くしたいなら、3社間ファクタリングを選びましょう。

また、手数料の安さ以外に、そもそも審査が通りやすいのもメリットです。

これも3社間ならではの売掛債権未回収リスクの低さが関係しています。

いくらファクタリングをしたくても、審査に落ちてしまっては始まりません。

3社間ファクタリングなら審査に通りやすいので、確実にファクタリングしたい時におすすめです。

3社間ファクタリングにはデメリットもある

3社間ファクタリングは、決して良いこと尽くしではないです。

売掛先にファクタリングを知られてしまうデメリットもあるので、その点を忘れてはいけません。

知られたからといって関係が悪化するとは限りませんが、中には「資金繰りが厳しくて大丈夫なのか」と不信感を持たれる可能性もあります。

そのせいで今後の取引がなくなってしまったら、大きなダメージになるのは否定できません。

売掛先次第で関係が悪化する場合があります。

3社間ファクタリングのメリット・デメリットについて解説しました。

手数料の安さと審査の通りやすさが魅力的な3社間ファクタリングですが、売掛先にファクタリングを知られてしまうデメリットもあります。

2社間同様に一長一短あるので、3社間ファクタリングにすべきかどうかは十分検討して判断しましょう。

しっかりと検討したうえで判断を下すことが大切です。

【PR 注目度の高いファクタリング会社を見てみよう】
カリイクのファクタリングで資金調達
URL:https://www.kariiku.online/